新潟県出身の広島今井投手が戦力外通告で現役引退

新潟県はいまだ高校野球で優勝したことのない県で、長い間野球後進県とも言われていましたが、近年では日本文理高校VS中京大中京高校の決勝戦など甲子園で勝ち進む高校も出てきています。またルートinBCリーグのアルビレックスができるなど野球に対する情熱も上がって来ています。そんな中で、新潟県がまだまだだった時代に中越高校のエースとして甲子園に出場、後に広島に入団した今井投手についに戦力外通告がなされたようです。今井投手と言えば入団から着実に成長し、一時は広島のローテーションの一角を担う時期もあったのですが、最近は若手の台頭などもあり、昨年は2軍暮らしが続き、今期も1軍での登板が4試合となっていました。まだ31歳と若いだけに何とか復活をという思いもありますが、本人は引退するつもりのようです。現在、BCリーグのアルビレックスでは同じく新潟出身でジャイアンツで活躍した新発田農業高校出身の加藤健さんがチームにフロントとして加入し頑張っています。今井選手も新潟県の野球発展に貢献してくれた貴重な人材だけに、何らかの形で故郷新潟の野球発展のために頑張ってもらいたいと思います。キレイモ 回数制プラン