野菜の高騰に将来が不安になってきました。

最近、食品がやたらと高いです。特に野菜。特に葉物。本当は鍋とかしたいのに、こんなに高くては鍋なんてできそうにありません。冬の定番鍋ができないなんて悔しすぎます。高くても頑張ればできないことはないのですが、白菜も高いしキャベツも買えたものではないので、どうしたものかと悩む日々。もやしは安定の価格ですが、毎日食べていたら飽きちゃうし、もうそろそろ下がってくれないかなって本当に願っています。でもこれ、きっと来年まで続くのでしょうね。給料は上がらないし、野菜は高いし、もうどうやって満足のいく食卓にしたらいいものかしらと、本当に悩ましい。野菜の高騰って、フツフツと去年あたりからきているような気がするのですが、どうにかならないのですかね?節約っていっても食べるのは食べなきゃならないし、これから先の生活が思いやられます。これ以上上がらないでほしい。もういっそ肉とか魚を買ったほうが安い気がしている最近です。

ドラマ「レンタルの恋」第6話をDVDで見て

テレビドラマ「レンタルの恋」第6話をDVDで見ました。
今回のレミのデート相手がどうやら芸能人だと知った公介は、隼人と撮影スタジオにやってきます。「あ!福山雅治だ!」とか「渡瀬恒彦がいる!」などと言ってはしゃぐ隼人が笑えました。なんとレミはいきなり医療ドラマの主役になっており、モト冬樹さん演じる医師とやりあっていたのがおかしかったです。
肝心のデート相手はというと、まだ幼さの残る子役さんでした。でも子役だからと言ってバカにはできませんよね。実力の伴わない大人の役者よりもずっとずっと演技派な子どもも大勢いるのでしょうし、この龍くんも滑舌のよい話し方でスラスラとセリフを言う姿には感心してしまいました。
龍くんが実は悠の息子で、しかも翔も悠の息子だと明らかになるラストはぶっ飛びすぎな気もしましたが、面白かったです。レミに強い口調で自分の意見を主張していた公介も、いつもと違っていてちょっと頼もしく見えました。