出会いがしらと別れ際の挨拶に関して思うこと

お疲れ様でしたについて。言葉の使い方、時代によるその変遷に関してはテレビを見ていると耳に引っ掛かってしまうことがよくありますが、「お疲れ様でした」は、仕事が終了した時や、終了前でもメールの連絡で冒頭に「お疲れ様です」と挨拶として使う方がいます。私は冒頭の挨拶では使わないように気をつけていましたが、仕事終わりなどにも実は目上の方に使う言葉としては不適切なのだそうです。私はそれを聞いてから、「ありがとうございました」にシフトしました。でもたまに使ってしまうこともあります。たぶんその事実を知らない人もいっぱいいるでしょうし、挨拶として慣れてしまっている部分もありますし、年下には使ったりします。でも年齢がわからない場合は「ありがとうございました」や「失礼します」を使うことにしました。言葉は大事に使いたいので、難しいですが、社交辞令などもあまり言えないので、ウケが悪いかなとも思いますが、それが相手にどういう印象を与えるか、万人ウケは難しいので、響く人に届けばありがたいと思っています。