(タバコ吸わない社員に「有休」増やす ユニーク制度企業に効果を聞いてみると…)の記事を観て

この制度の名前は「スモ休」。非喫煙者に年間6日の有給休暇が与えられる。導入するのはウェブマーケティングを手がけるピアラ(本社・東京都渋谷区)。同社サイトの2017年8月の発表によると、勤務時間内外を含む非喫煙者で、かつ6か月以上勤務している正社員に対し、従来の有休に加えて1年あたり6日増える。9月1日から実施するという。私は、タバコを吸う、友達はどんどん吸わなくなった、確かにタバコを吸う事は悪いだろう、しかし、タバコを吸わないでのストレスを考えると吸っているのが良い様な気がしている。会社に勤めているころの事を思い出すと、開発部門で有ったが何人かでタバコを吸って雑談をしている時に良いヒントを貰ったことが何度も有ったので決して全く悪いとは思って居ない。タバコを吸わない人が吸っている人より1日の仕事量が多いと言っているが、菓子を食べたり、コーヒーを飲んで休んでいる人が居るのではないですか?タバコを吸う人が仕事量が少ないと言うのは間違いの様な気がする。本音は、タバコをやめたいが止める事が出居ない為の愚痴です。